ブログ


2008年11月

11月 26 2008

秘儀!固め打ち!

続きまして~。

現在、マウンテックは、ちょっとだけ綺麗になっています。

工場のスレート屋根からの雨漏りがひどかったので、屋根の補修と色の塗りなおし塗装工事をしています。

工場も出来てから20年が経ったのでところどころ痛んできています。
最初に工場入り口のシャッター部分が綺麗に生まれ変わりました。エメラルドグリーンのようなとても綺麗な色です!そして「MTC 株式会社マウンテック」看板も綺麗に塗りなおしてもらいました。(写真)白地に緑の文字というマウンテックのイメージカラーどおりのロゴになりました。(以前は、緑地に黄色でした。気持ち悪い・・・?ホームページの地図のところに小さく載せてあります。)
そして、今日は高所作業車に乗せてもらって屋根の上の進行状況を見せてもらいました。とても高くて怖かったです。(あっ!塗装屋さんが説明してくれていたのに怖くて何も覚えていない!)
最後には、工場内の床の通路の修正なども行う予定なので、今からそちらが一番楽しみです。通路の配列をみんなで一生懸命考えています。

しかし、どの業界においても職人さんという人はすごいですね。今回の塗装においてもものすごく手際よく綺麗な仕上がりで驚きました。

マウンテックも負けずに、職人パワーでがんばります!

 

0コメント

11月 26 2008

‡‡‡‡‡今年はすごい!?

忙しいさなかに恒例の名古屋駅イルミネーション「タワーズライツ」を見て参りました。

毎年、通りがかったときに見る程度でしたが、今年は初めてしっかりじっくり観察してきました。しかも写真まで撮ってきました。
いつも遠目から、眺めていただけだし、しかもほぼ一瞬しか見ないのであまり気にならなかったのですが、いろいろと考えて作ってありますね。

今年のテーマは「~輝きの絵本の世界へ、ようこそ。~」だそうです。

メインのイルミネーションが動きます。最初に、2匹の熊が出てきて絵本を開きます。すると、徐々に絵本の中の街が色とりどりに輝きだします。絵本の中心に西洋のお城があり、その前に3本の木が白から赤に変わっていきます。それと同時に、タワーズのテラス部分に立っている3本の木の色も変わるというちょっと面白い工夫がしてありました。写真は、そのうちの2本が赤く変わっているときのです。見ると、絵本の中も2本だけ赤いですよ。

是非、皆さんも見に行ってみてください。僕は、例年の物と比べることが出来ないのできれいだと思いましたけど。

0コメント

11月 23 2008

なんと仕事中に!!!!

おやすみのところみなさまいかがお過ごしでしょうか?
今日はお休みですが、仕事中の話をします。

先日、私が仕事をしている部屋、CPルームの窓に鳩がぶつかってきました。
この写真は、その跡です。

実は、僕はその瞬間を見てないのですが、他の子達に聞くと、すごい音がしたみたいです。僕のいるCPルームはパソコンで機械加工用のデータを作る。キャドマックというCAD/CAMを使って、仕事をしています。その為、部屋の中はとても静かなので、みんなびっくりしてました。見たかったです。

以前は、現場事務所の網戸を突き破って鳩が入ってきたこともありました。
工場内にも鳩が住んでいますし、マウンテックは鳩とは切っても切れない縁なのでしょうかね。

ではまた。

0コメント

11月 20 2008

COP10って何??

みなさんどうも長らくお待たせいたしました。
やっぱりブログって大変ですね。継続が難しいので固め打ちしようかと思っています。手抜き・・・。

では、最近の僕のホットな話題です。

「COP10」とか「生物多様性」って知ってますか?

名古屋では2010年10月に「生物多様性条約第10回締約国会議」(COP10)というものが開催されます。

でそれってなに?ですよね。まず生物多様性とは、あらゆる生物種の多さと、それらによって成り立っている生態系の豊かさやバランスが保たれている状態を言い、さらに、生物が過去から未来へと伝える遺伝子の多様さまでを含めた幅広い概念のことです。
要するに、動物や植物を含めたたくさんの生物がそれぞれお互いに関係しあって絶妙なバランスで保たれている状態のことを言います。どの生き物がいなくなってもダメだし、多くなりすぎてもダメ、そのバランスはすごく重要なんです。

生物多様性COP10は、そのバランスを守るための会議というわけです。それが、

2010年に名古屋で開催されます。

なぜ名古屋で開催されるに至ったのかというと、名古屋は日本国内でも進んだ環境先進都市として評価されているからです。ごみの分別、レジ袋有料化などに始まり、愛・地球博で学んだ成果を元に数々の活動がこの名古屋では行われています。
生物多様性関連の活動例として、民間のボランティア団体が行っている「東山新池かいぼりプロジェクト」というのがあります。ため池を灌がいとして利用していた頃、毎年農作業の終わる冬にため池から水を抜き、底を掃除したり、外来種の駆除をすることで、適度な人為的かく乱から生態系を構築してきた「かいぼり」を再現しています。そして、水の抜かれた池から出てきた外来種、在来種を分類することで、ため池の自然に関心を持ち、生態系保全を学ぶことを目的にしています。
と、すばらしい活動が数々行われているのです。これ以外にも生物多様性COP10に向けてセミナーや講演会などが行われています。
生物多様性は地球温暖化と並び非常に重要なテーマです。今後、人類が生きていくためには、その他の生物との共生が必要不可欠です。是非、この問題に一度関心をもってみてください。http://www.biodic.go.jp/biodiversity/lib_movie/index.html

ということで、生物多様性関連活動として最初に私たちが出来ることは「食べ物を大事にいただく」ということからでしょうか。

 

0コメント