ブログ


2009年6月

6月 19 2009

$$$$はーれい$$$$$

友人のハーレーです。
何だか最近、ハーレーに乗ってる人多くないですか?
僕はバイクには乗ったことないです。約15年前の学生時代に一度、TW200に乗りたいと思ったことはありましたが、山田家はバイク禁止なので断念しました。
話を戻しますが、団塊の世代が引退後に購入する場合が多いみたいですね。しかし、よく見ます。ドライブルートや高速道路を連なって走ってるの。あれがそうですね。
バイクって気持ちいいんですってね。僕から見ると怖いんですけど。

0コメント

6月 19 2009

鯰鯰鯰鯰鯰鯰おちょぼさん鯰鯰鯰鯰鯰鯰

産まれて初めて、なまずを食べました。

先週、会社のイベントで岐阜県海津市にある千代保稲荷に行って参りました。
不景気ですので、社員みんなで神頼みということです。
おちょぼさんのお参りの仕方は、まず30円で油揚げとローソクを買います。そして、ローソクをお燈明場へ、油揚げはお賽銭と一緒に精霊殿へ投げ込みます。そしてお参り。他にも、名刺をみんなが挟んで行くところや石を2回持ち上げて、2回目が軽いと願いがかなうというユニークなものなど変わった参拝の仕方が他では見ないものでした。また、門前町では、串かつのお店がいっぱい並んでおり、揚げたてでかなりおいしいです。

また鯰も有名で、その時に食べた鯰の蒲焼です。
見た目は、うなぎの蒲焼と似ていますが、味は非常に淡白でした。
僕は、一回食べたのでもう二回目は食べなくてもいい感じです…。

これだけ大勢(総勢21名)でお参りに行ったので、絶対にこれから景気はよくなって来るでしょう!というかよくなってもらわな困る!がんばれ、おちょぼさんとマウンテック!

 

0コメント

6月 18 2009

+++初めてのピアノに感動+++

皆さんもご存知のように、全盲のピアニスト、辻井伸行さんが米国の第13回バン・クライバーン国際ピアノコンクールで日本人で初めて優勝されました。
僕が辻井さんの演奏を初めて耳にしたのは、夕方のニュースでした。その日は、日本人初の優勝者ということで、マスコミも何度も取り上げていました。辻井さんという人物を知ったのは、これが初めてだったので、全盲でありながらピアノが弾けるということにも驚いたのですが、それよりも、辻井さんの奏でるピアノの音に感動してしまいました。これまで、ピアノをの音を聴いて感動するということなど一度もなかったので、自分でも驚いてしまいました。
僕以外にも、そう感じた方も多かったのではないでしょうか。これはCDが売れるでしょうね。僕も欲しくなってしまいました。
こういう結果が得られたことに、彼と彼の両親を称えたいと思います。子どものときに与えたおもちゃのピアノがきっかけだったと聞きました。子どもの才能はどこにあるのか。親が見つけてあげることができたら、それはとてもすばらしいことですね。

 

0コメント

6月 02 2009

wwwwwわんぱく相撲から学ぶことwwwww

私が入会している団体の主催で毎年、小学生対象に「わんぱく相撲」というものを行っています。今年は、ナゴヤドームで行いました。約700人くらいの名古屋市内の小学生たちが集まって、相撲の取り組みを行いました。私は、一日かけて、へとへとになりながら運営の手伝いをしていました。
子どもたちのなかには、負けて悔しくて泣いる子や、怪我をしても「大丈夫!」ともう一度取り組んだりする子など、多くの子どもたちが闘争心をむき出しに戦っているようで、子どもたちの強く真剣な眼差しを見ることができました。優勝した子が、最後に感極まって、家族と称え合いながら、号泣し、嗚咽している姿を見るとこちらまで涙が出そうになりました。
聞くところによると最近の小学校では、運動会のときに順位をつけないところがあるそうですが、元来、どの子どもも競争心を持っていて、負けたくないという気持ちを持っているそうです。その負けん気をうまく使って、才能を伸ばして上げることが大人に取って必要なことなのだと思います。
たくさん負け、失敗する。そして、それを糧に反省し、努力していくということは僕ら大人にとっても大事なことだと思います。「成長をやめたときに人は老いていくものだ。」と先人が言っていましたが、その通りだと思います。私も、現状に満足することなく、常に自分を成長させて行きたいと改めて思いました。

 

0コメント

6月 02 2009

sssssシャーリング購入!!!ssssss

この不景気に、シャーリングが壊れてしまいました。(※シャーリングとは鉄板を切断する機械です。)
板金屋の機械は、非常に高額です。何でこんなときに壊れるかなといった感じですが、壊れては仕事ができないので買い換えない訳には行かず、社長も泣く泣く購入を決断しました。
しかし、そういうことを差し置いて、新しい機械が入った時というのは、まるで小学校時代、クラスに転校生を迎え入れた時のような感じがします。
購入したシャーリングが、生き生きと活躍する姿を想像し、景気の早期回復を望みます。

0コメント