ブログ


2017年6月

6月 19 2017

オーダーメイドカースロープ(段差解消スロープ) 平成29年6月度

先日お納めしたスロープのお客様より設置後のお写真と貴重なご意見をいただいておりますのでご紹介させていただきます。

   

---- --------------------------------------
◎お客様からのメール◎

山田様

設置が完了しましたので設置後の写真をお送りします。
心配していた排水口部分ですが、やはり接地面の高さの違いからどうしてもピッタリとは設置できず多少のガタつきもあります。一旦は段差スロープと接地面の間に5mm厚と3mm厚のゴム材を挟むことでガタつきだけは解消しました。
写真1は真正面から見た全体写真で、向かって右側に見える排水口部分だけ接地面が高くなっているため、段差スロープの角度(見え方)が違うのがわかるかと思います。
写真4は排水口部分の拡大写真で、写真ではわかりづらいですが段差スロープと接地面のすき間に5mm厚のゴム材を挟んであります。
数年前に自宅前の市道再舗装の際に写真1の向かって中央から左側は側溝と排水口を新しいものに替えおり、排水口部分もほとんど段差はなく面一になっています。それに対して右側は古いままで、昔はあまり丁寧に施工がされていなかったのか排水口部分が大きな段差になっています。
電動工具を使ってコンクリートをガーッと削れば良いのでしょうが、面倒なので当面はこのままにしておく予定です。
いずれにしても上記以外の部分はきれいに設置できており、段差スロープ自体の重さもあり接地面のガタつきや車の出し入れの際の騒音もなく大変満足しています。
連結・補強金具と本体の固定は、ボルトの頭をドライバーで押さえながらナットを締める必要があり10個のプレートを立てた状態で作業をするのには少しばかり苦労しました。一旦全部連結した後は全体を裏返した状態でナットの増し締めができましたが、これを再度ひっくり返して位置決めするのは一人で作業したこともあり結構大変でした。

---- --------------------------------------

連結をしてから裏返しにする組立方法がかなり大変だっとのお言葉をいただきました。こちらについては以前より考えておりますが、なかなか良い方法が見つからず今後も検討課題として参ります。大変お手数おかけしていまいましたが、貴重なご意見をありがとうございました。

大型製缶・板金・アングル・チャンネル枠組ならマウンテック(MTC)
キュービクル・配電盤・制御盤・表示板の板金ならマウンテック(MTC)
段差スロープ・カースロープ・鋼製スロープならマウンテック(MTC)
トランクルーム棚・クローゼット棚・納戸棚ならマウンテック(MTC)
ウォータータンクならマウンテック(MTC)
オーダーメイドの金具、BOX、家具、道具、器具が作りたいなら、マウンテック
(MTC)にご相談ください。

0コメント