会社概要

社長あいさつ

 株式会社マウンテックは、1948年(昭和23年)の創業以来、多くの職人たちと共に歩んできた板金屋であります。
 当初より、キュービクルをはじめとする重電機器等の製缶板金を得意とし、大型板金や形鋼の溶接枠組みを中心に様々なニーズに対応できる機械設備、職人が生みだす高い品質や精度、生産能力、提案力には高く評価をいただいております。また均質生産を維持しながら納期厳守を貫いていることにおいても厚い信頼をいただいております。
 受け継いできた技術を磨き上げ成長して行くことはもとより、長い歴史の中で私たちが大切にしてきたことは納入先、仕入先、社員など会社を中心とした、それぞれの間にある人の和と信頼の絆を大切にすることであります。
 この先も、最高のカタチを提供することで、社会から求められる存在であり続けること、そしてまた、日本の繊細で美しいものづくりを担う企業として、後世へ受け継いでいくために日々邁進して参ります。

代表取締役 山田剛士

基本理念

私たちは、自らの喜びを大切に、技能の向上と継承を目指し、永く人々に喜ばれる最高のカタチを提供し続けていくことで社会に貢献する

基本信念

人の和 と 信頼の絆 を大切にする

運営方針

「まずは自分が行動すること!」
一、楽しむ
一、チームワーク
一、品質 と スピード
一、チャレンジ精神 と 向上心
一、研究 と 努力
一、新たな発想 と 改善
一、責任 と 誇り
一、思いやり と 感謝のこころ

基本信念

人の和 と 信頼の絆 を大切にする

会社概要

会社概観
社名 株式会社マウンテック
創業 1948年(昭和23年)
創立 1951年(昭和26年)
設立 平成元年5月18日
資 本 金 2,000万円
代 表 者 代表取締役 山田剛士
従業員数 35名
本社 愛知県津島市中一色町字神明20番地
電話番号 0567-32-1781
FAX番号 0567-32-1778
E-mail info@moun-tec.com
ホームページ https://www.moun-tec.com
面積 敷地面積4,500u、工場面積2,000u
事業内容 配電盤(キュービクル)をはじめとする重電機器等の溶接板金加工、その他溶接板金に関する一切の業務
取引銀行 名古屋銀行、大垣共立銀行、十六銀行、日本政策金融公庫
取引先
(50音順)

愛知電機株式会社、 大垣電機株式会社、
岡谷精立工業株式会社、大矢化学工業株式会社、
児島電機株式会社、三協電機株式会社、
株式会社新愛知電機製作所、太陽電機工業株式会社、
東洋電機株式会社、日本電機産業株式会社、
株式会社日立アイイーシステム、株式会社ファースト、
明電システム製造株式会社、藪工業株式会社、
株式会社豊電子工業、他

沿革

1948年(昭和23年) 初代山田才市が名古屋市昭和区白金町において板金業を創業
1951年(昭和26年) 合資会社山田製作所創立
1959年(昭和34年) 名古屋市中川区的場町に本社工場移転
1984年(昭和59年) 津島市中一色町に本社工場移転
1986年(昭和61年) 代表取締役社長に山田賢造が就任
1989年(平成元年) 株式会社マウンテックに組織及び社名変更
2016年(平成28年) 代表取締役会長に山田賢造が就任
代表取締役社長に山田剛士が就任

福利厚生

独身寮 事務所2階に併設 7名まで入所可
保険等 労災保険、雇用保険、健康保険、厚生年金保険、中小企業退職金共済
健康診断 年1回
親睦会 旅行(年1回)、食事会、忘年会
クラブ ボウリング部、テニス部

所属団体

愛知県シートメタル工業会、津島法人会、中川鉄工協同組合、名古屋商工会議所、若鯱会、愛知県中小企業家同友会、中小企業技術経営研究会、公益社団法人名古屋青年会議所、日本青年会議所 鉄鋼機械工業部会、愛鉄連健康保険組合、他

地図


大きな地図で見る
  • 東名阪蟹江インターより車で5分
  • 近鉄蟹江駅より車で10分