会社概要

社長あいさつ

 弊社は、戦後まもない1948年(昭和23年)5月、名古屋市昭和区白金町において祖父母にあたる山田才市と妻のあや子が創業しました。職人として腕の良かった祖父がものづくりを行い、祖母が営業に回っていたようです。1951年(昭和26年)には合資会社山田製作所とし、以来、多くの職人たちを受け入れていきました。1959年(昭和34年)、人も増え、機械も導入しようということになり名古屋市中川区的場町、荒子観音の南へと工場を移転しました。そこでも高度経済成長の波に乗り会社は成長しました。1984年(昭和59年)には、さらに人も増え、大型の機械を導入しようということになり当時専務であった父、山田賢造が中心となり現在の津島市中一色町へと移転しました。その後は、バブル経済の波に乗り、もう一段の成長を遂げました。1989年(平成元年)、社名を株式会社マウンテックへと変更。最大で40名前後の社員がいたようです。バブル崩壊後は、徐々に業績も落ち、リーマンショックや不況のあおりを受けるなど大変な時期を何とか乗り越えてきました。
 2018年(平成30年)、マウンテックはありがたく創業70年を迎えました。我々は次の80年、90年、100年へ向けさらなる成長を重ねていくことで社会に貢献していく必要があると考えています。現在、日本のものづくりの現場では、後継者・働き手・担い手の不足、技術の継承等の問題が山積しています。育ってきた環境の違い、個性を重んじる社会。これからの時代は、より多くの価値観を受け入れた多様性のある企業こそが成長していけると考えています。我々、マウンテックは、さらなる成長を目指し、最高のカタチを提供し続けていくことで、社会から求められる存在であり続けること、そしてまた日本の繊細で美しいものづくりを担う企業として、後世へ受け継いでいくために日々邁進して参ります。
 今後も、ご指導のほどよろしくお願いいたします。

代表取締役 山田剛士

基本理念 -マウンテックの存在目的-

私たちは、

  • 自らの喜びを大切に、
  • 技能の向上と継承を目指し、
  • 永く人々に喜ばれる最高のカタチを提供し続けていくことで社会に貢献する。

 私たち自らの喜びとは働く喜び・稼ぐ喜び・仲間を作る喜び・社会から必要とされる喜び・好きな仕事が出来る喜び・仕事の上で成長する喜び・人として成長する喜びである。
 その喜びを大切にし、現状に甘んじることのない会社全体における技能の向上、その継承を実現し、永く社員・その家族・取引先・顧客に喜ばれる最高のカタチ、すなわち場所・機会・技術・品質・納期・提案力・サービス・コミュニケーションという様々なカタチを提供し続けていくことで社会に貢献していく。

基本信念 -マウンテックの価値観-

人の和 と 信頼の絆 を大切にする

 縁あって出会った社員同士・取引先・顧客というお互いの間にある人と人との関係・仲・調和を大切にする。 また、多様化する価値観の中でも、お互いを信じること・共感すること・支えあうことから作り上げるより強固な結びつきを大切にする。 お互いの力を合わせることが何にも勝る最大限の力を発揮するのである。

運営方針 -マウンテックの行動規範-

「まずは自分が行動すること!」

 物事を変えるのも、人を変えるのも、すべてにおいて最初の一歩は自分が踏み出さないと何も変わらない。 誰かがやってくれると思わず、「まずは自分が行動すること!」から始めよう!

  • 楽しむ

     仕事に愛情をもち、楽しみながらやる、またそこに楽しみを見つけること。辛い仕事ほど達成後の喜びは大きいものである。ならば楽しまなければ損である。

  • チームワーク

     意識の上で結び付くチームワークを大切にする。独りよがりでなく、お互いの足りないところを補完し、支えあい仕事にあたること、我々は一つのチームである。

  • 品質とスピード

     良いものを作るために時間をかけるばかりでは職人のエゴである。品質とスピードは両輪である。品質を落とさず、常にスピードを追求することが我々に求められている。

  • チャレンジ精神と向上心

     現状に満足することなく、常に新しいことに取り組む姿勢を持ち、進歩、上達を志すこと。

  • 研究と努力

     仕事について良く調べ、良く考える。そして何事にも最大限の力を尽くして励み、取り組むこと。苦労したものは必ず報われる。

  • 新たな発想と改善

     様々な情報にアンテナを張り、発想の転換や見直しで、固定観念にとらわれない新しい考え方を生み出し、悪しき点を改め、良い点を伸ばしていくこと。

  • 責任と誇り

     自分自身とその仕事に責任と誇りを持ち、製品や姿勢を通じて、自らを汚すことのないようにすること。

  • 思いやりと感謝のこころ

     人・仕事・製品に対して、思いやるこころと感謝のこころを持つこと。